AGA 遺伝子 検査

AGAや薄毛になってしまう恐れがあるなら早めに知りたいと思う人も多いのではないでしょうか。AGAは男性ホルモンが原因で起こる薄毛の症状ですが、実はAGAになりやすい遺伝子を持ってしまっている人も少なくありません。

 

自分がAGAになる可能性が高いかどうか、それを判断出来るのがAGA遺伝子検査です。AGA遺伝子検査はどのように行うのか、どうしてAGAのリスクが分かるのか、そして自宅で出来る方法はあるのか、AGA遺伝子検査についてご紹介していきます。

 

また、現在、薄毛に悩んでいるあなたは、一度AGAの遺伝子検査を受けてみるといいでしょう。多くの日本人がこのAGAに悩んでいると言われています。しかし、検査を受け、治療プランが正確な治療プランを立てることができればAGAは治療が可能となります。

 

薄毛の原因がAGAではない可能性もあるのでしっかり検査し、それぞれの治療プランを見つけるっことが重要です。

 

 

AGA遺伝子検査とは

 

AGA遺伝子検査は、アンドロゲンレセプター遺伝子(AR遺伝子:男性ホルモン受容体遺伝子)を調べることで、男性型脱毛症を発症しやすいかどうかを測定する検査になります。

 

AGAの最大の原因は「ジヒドロテストステロンの頭皮への影響」ですが、このジヒドロテストステロン(以下DHT)の効果は、DHTが頭皮に存在する「アンドロゲン受容体」と呼ばれる「DHTの受け皿」に結合する事によって発現します。

 

最近の研究では、このアンドロゲン受容体の数には個人差があり、アンドロゲン受容体の数が多い人程AGAになりやすく、少ない人ほどAGAになりにくいという事がわかっています。

 

つまり「薄毛になる・ならない」は男性ホルモンDHTの量では無く、この「DHTの受け皿の量」で決まっているという事になります。どれだけ血中DTHの濃度が高くても、このアンドロゲン受容体が少なければ薄毛にはなりにくい訳です。

 

このアンドロゲン受容体の量を決定する遺伝子には、CAGやGGCのような3塩基が繰り返し存在する「トリプレットリピート領域」がありますが、この領域の長さには個人差があります。

 

アンドロゲン受容体遺伝子のトリプレットリピート領域が短いほどアンドロゲン受容体の量が多い、つまり「AGA発症、進行のリスクが高く」、逆にリピート領域が長いほどアンドロゲン受容体の量が少ない、つまりAGA発症、進行のリスクが低いことが報告されています。

 

AGA遺伝子検査はこのアンドロゲン受容体遺伝子のトリプレットリピート数を測定し、「男性ホルモンに対する頭皮の感受性」を数値化することを可能にした、AGA・薄毛治療の診断や、治療効果の予測に非常に有用な検査となっています。

 

現在日本で行われている検査は、ほぼ100%が、アンドロゲン受容体遺伝子のトリプレットリピート数を調べる検査となっています。

 

具体的には、若い時期にAGAを発症する危険度を予測として、CAGのリピート数とGGCのリピート数を足した合計の基準値を38として、それより小さければAGAのリスクが高い、それより大きければAGAのリスクが低いと判断しています。

 

また、フィナステリドによる治療効果の予測として、CAG単独のリピート数により判定し、24以下は、感受性が高い(フィナステリドの効果が効きやすい)としています。
AGA遺伝子検査

 

(※)もともとアンドロゲンレセプター遺伝子検査(AR遺伝子検査)は、前立腺がん、ニキビ、女性の多嚢胞性卵巣症候群など、男性ホルモンが関係している疾患で、いろいろ調べられてきました。その中で、1998年に報告された、48名の男性と60名の女性を対象にした小規模な試験で、AGA患者でCAGリピート数が少なかったと報告がされ、一気に検査が広まりました。しかし、その後の2012年に報告された、8つの研究のメタ解析では、2074名のAGA患者と1115名のコントロール(AGA患者ではない人)を比較した結果、CAGとGGCリピート数と、AGAリスクに関しての相関は認められず、否定されています

 

 

(※)AGA患者149名を対象に、CAGリピート数とフィナステリドの効果の関係性を調べた論文があります。その結果、CAGリピート数が23.5以下の患者では、フィナステリドが効きやすく、CAGリピート数が短いほど、高いフィナステリドの治療効果が得られると報告されています。論文は一つしかありませんので、エビデンスレベルは高くありませんが、遺伝子検査は、フィナステリドが効きやすいかどうかを見ることはできます。

 

AGA遺伝子は父方由来?母方由来?

 

ではその遺伝子は父方由来なのでしょうか、母方由来なのでしょうか。

 

このアンドロゲンレセプター数を決定するCAG、GGCの遺伝子繰り返し構造はX染色体上にあることがわかっています。
「X 染色体」とはヒトの男性が持つXとY二つの染色体のうちの一つであり、この「男性のX染色体」は母親(女性はX染色体を二本持つ)から受け継ぐため、アン ドロゲンレセプターの量を決定する遺伝子は母方由来、つまり母方から遺伝します。
AGAの発症は決してアンドロゲンレセプター遺伝子のみで決定されている 訳では無いのですが、巷に聞く「薄毛は母方の祖父から遺伝する」という噂は、確度の高い話かもしれません。

 

 

AGA遺伝子検査の方法

 

AGA遺伝子検査の方法には、病院で行うのと、検査キットを取り寄せて行う方法があり、また、どのように行うかについては、主に4つの方法があります。

 

  1. 口内粘膜採取
  2. 唾液採取
  3. 血液採取
  4. 毛髪採取

 

ただし、クリニックや検査キットによって、遺伝子の採取方法が異なります。

 

病院でのAGA遺伝子検査

 

まず、病院でのAGA遺伝子検査についてですが、皮膚科もしくはAGA専門のクリニックへ来院して実施します。

 

病院検査では結果によって治療方法が判るので、治療計画が立て易いメリットがあります。毛髪や血液から採取したサンプルでAGA遺伝子検査を行います。

 

CAG・GGCのリピート数の確認や遺伝子解析によって、1ヶ月かけて将来的な薄毛の可能性を判断します。結果判明後、専門医師からの説明で遺伝的な問題の薄毛なのか、フィナステリドが効くかどうかなどを判定するので、治療方法・計画がスムーズにスタートすることができます。

 

 

主なクリニックの遺伝子検査費用例

 

クリニック名 初診料 遺伝子検査費用 合計(税込)
銀座総合美容クリニック 3,240円 19,440円 22,680円
TOMクリニック 3,240円 5,400円 8,640円

 

 

AGA遺伝子検査でおすすめのクリニック

 

こちらは、AGA遺伝子検査でおすすめのクリニックになります。

 

銀座総合美容クリニック

 

銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

 

  • プロペシア(フィナステリド)だけでない総合的発毛治療
  • 患者さん一人ひとりそに合わせた効果の期待できる発毛手法
  • 薄毛改善の専門医が患者さん毎に必要なメニューを組み合わせたオリジナル治療
  • 抜け毛・薄毛で悩む方に満足頂ける治療

 

公式サイトはコチラ!

 

TOMクリニック

 



 

  • 医療技術の安心:経験豊富な治療ドクター、カウンセラーが多数在籍。最新の医療設備を備えており、患者様の安心・安全を約束。
  • 治療費用の安心:患者さんひとりひとりに合わせた治療プランを提示、しっかりと内容を説明した上で、明確な料金設定、患者さんに納得いただいた上で治療さすることを約束。
  • プライバシーの安心:患者さんが安心して治療に専念できるように、プライバシー保護のための配慮を徹底。
  • 効果がなければ返金

 

公式サイトはコチラ!

 

 

AGA遺伝子検査キット

 

AGA遺伝子検査は病院だけでなく、市販の検査キットを使って自宅で簡単に検査できます。自宅で検査したければ、インターネット通販でパソコンやスマホンから購入が可能です。検査キットの種類によれば、ドラッグストアや代理店でも販売されているものがあります。

 

【購入から結果までの流れ】

 

@ キットが自宅に届く
インターネットで申し込んで数日すればキットが郵送されて来ます。開封したら内容物を確認しましょう。

 

A 必要な物に目を通す
取り扱い説明書と共に、検査同意書にサインしましょう。

 

B 検体の採取
一般的な市販のキットには「スワブ式」と「唾液式」があり、血液や唾液、粘膜などで調べますが、結果に違いは起こりません。

 

【スワブ式の検査手順】

 

  1. 綿棒で口腔内の粘膜をこすり取る検査なので、口腔内が不潔では検査結果に影響が出るかもしれないので、検査前にうがいをして口腔内を清潔にしましょう。
  2. 検査用綿棒で、頬の内側を数回こすりましょう。
  3. 綿棒を元のケースに戻しましょう。この時綿棒が他のものに触れて、検査結果に影響が出ないように注意してください。

 

【唾液式の検査手順】

 

  1. 唾液に不純物が混じらないよう検査前は食べ物を口にしない、口紅などの化粧もしないようにしましょう。清潔を保つためにも、うがいをしてください。
  2. 検査チューブの目盛り線まで唾液を垂らして入れてください。
  3. 採取したら容器のふたをすると、内に保存液が出てくるのが一般的です。

 

C 返送
採取済みのケースやチューブと同意書を返信用封筒に入れてサービス会社へ返送します。

 

D 完了通知
一般的に返送して数週間〜1ヶ月程度で検査結果が届きます。基本的には郵送されますが、インターネット上で確認出来る会社もあるようです。

 

名称 検査方法 価格 運営会社
AGAドッグ スワブ式 12,960円(税込) 潟Cー・ケイ・コム
AGA遺伝子検査キット スワブ式 16,200円(税込) アンファー
MYCODE 唾液式 29,800円(税込) 灰eNAライフサイエンス

 

AGAドック

 

AGA遺伝子検査キットで一番有名なのがAGAドックです。

 

口内の粘膜を採取するだけなので簡単です。また、検査結果は2週間位で送付されて来て、アドバイスも豊富です。生活習慣や食べ物の改善、髪の洗い方の方法まで記載されて来るのです。とても丁寧で親切な検査キットの内容です。

 

また、検査を受けた人の脱毛傾向まできちんと解説をしてくれるので、自分がまだ予備軍だと結果が出た人でも日常生活の改善で快方に向かう可能性があります。

 

AGAドックには様々なシリーズが発売されていて、遺伝子検査キットと育毛剤のセットもあります。検査だけではなくて、その後のフォローもしてくれる体制も万全で、電話をすると検査結果のことで疑問に思っていることを解決してくれます。

 

それと言うのも専門的な結果だけだと自分で読んでいても何だか分からないと言うことがあるからです。1年間の薄毛対策サポートもあるので、活用してみると助かります。

 

こちらのAGAドックはテレビや雑誌、新聞でも紹介されているので、多くの男性が試していて、ネットにも多くの口コミがあります。その中には、自分と同じような症状や悩みを抱えていた人も多いです。

 

以下にはその一部をご紹介していますが、検査キットを使って人生が明るくなった人や、検査の結果にはガッカリしたけれど、これから対策をして前向きに考えて行こうと言う人、色々な意見があります。

 

一人でAGAに悩んでいるよりも、他の人の口コミを見たり、AGA検査キットを試してみると自分の人生が変化します。

 

・AGAドック検査方法については以下の記事でわかりやすく解説してあります。

 

http://www.agadock.com/

 

 

AGA遺伝子検査の注意点

 

AGA遺伝子検査の精度は100%ではありません、AGAのリスクが低いと判定結果が出たにもかかわらず、AGAを発症してしまう場合もありえます。気を緩めて食生活や生活習慣が乱れると、体全体のバランスが崩れ頭皮もその影響を受けてしまいます。CAGやGGCのリピート数とAGAとの相関関係自体を疑問視する声もあります。完全に研究結果が確立されているわけではないので、参考程度にするのがよいかもしれません。

 

 

 

AGA遺伝子検査に関するよくある質問Q&A

 

Q−1:遺伝子検査はいつ受けるのが良いの?

 

遺伝子情報は一生変わることはないから、いつ検査を受けても同じ結果が出ます。薄毛を進行させないためには、早期発見、治療が必要ですから、薄毛が気になる方、将来AGAにならないか不安な方は、早めの検査を受けましょう。ただ、フィナステリドの服用は未成年者・女性に禁じられているので、その場合は、別の治療法を提案することになります。

 

Q−2:遺伝子検査には手軽なの?

 

口内粘膜から採取するので、時間をかけずに手軽に検査できます。また、単独の遺伝子検査でなくCAG・GGCの両方を検査することで、より正確なデータを導きだせます。

 

Q−3:遺伝子検査の結果は、どのくらいで判るの?

約1ヶ月かかります。

 

 

<参考>薄毛より怖いフィナステリドの副作用

 

誰にでも起こる恐れがありますので、少しでも次のような副作用が心配な方はカウンセリングを受ける方が良いと思われます。

 

副作用@:性機能、子作りに影響

 

  1. 性欲減退:統計学的には発症率は2%と少ないものですが、意識や注意する必要性が全くないとは言い切れませんので、体に変調を感じた場合は医師に相談しましょう。
  2. 勃起不全:勃起不全の発症率も非常に低いものですが、副作用には精神的要因も大きいので、治療薬の危険性ばかりを気にして男性機能低下の症状を出してしまうことがあるようです。
  3. 精子減少・無色化:AGA治療薬は男性ホルモンを抑制する効果があるので、精子の減少や無色化することもありますが、服用を中止すれば自然に改善すると報告されています。これからの子作りを考えている方は、一旦服用をやめて完全に体から薬の成分が抜けるまでの最低1ヶ月から数ヶ月間、空けた方がより安全性が高まります。
  4. 胎児への影響:フィナステリドはホルモンバランスを乱す恐れがあるので、女性と子供には使用はもちろん、触れさせてもいけません。特に妊婦の場合は胎児への影響も懸念され、フィナステリドの服用は厳禁です。
  5. 薬に触れるだけで皮膚から吸収されることを「経皮吸収」と云います。普通、錠剤はコーティングされていますが、万一、錠剤が割れた破片や粉末の状態では経皮吸収される危険性が高まります。AGA治療薬の取り扱いには十分注意することが肝心です。

 

副作用A:うつ症状を引き起こす

 

うつ症状の発症率は1%程度と非常に少ないものですが、男性ホルモンの減少によって、気分が沈んだりすることがあります。服用することで、「深く気分が落ち込んだり、イライラが増える」などの気持ちの変化が現れたら、専門医師に相談しましょう。

 

副作用B:肝機能への影響

 

日常の肝機能に影響が出易い体質の方には副作用も心配されるので、体調面に配慮しながら服用するよう心掛けましょう。

 

 

フィナステリドの副作用と発症率

 

症状 発症率
性欲減退 1.80%
勃起機能低下 1.30%
肝機能障害 不明
うつ 1.00%
精子減少 1.10%

 

?

 

更新履歴
page top